高校生アカデミックコース

英検(R)準1級を目指しながら
大学受験制度の変化にも対応できる力を身につけます。

グループ制 バイリンガル講師

高校生アカデミックコースの特徴

将来につながる英語力が身につく
  • これからの社会で求められる英語力を身につける
  • 3年間にわたり、良質な英語に大量に触れてトレーニングを行い、「聞く」「話す」「読む」「書く」力を飛躍的に伸ばします。

高校生アカデミックコースの内容

語彙学習 高校卒業までに身につけるべき単語数は6000語が目標です。(難関大学レベル(現センター入試は約4000語)) ECCでは、『ACCESS HANDBOOK』を使用して、耳、目、口、手をフルに活用して、文の中で単語を覚えます。上級者への「壁を越える」気構えを持ち、忘れることは当たり前を前提に繰り返し取り組みます。
文法学習 基本文法の学習は高校1年生(L1)で終了します。あとはひたすら、英語との接触量を高める中で、英文を速く読んで理解したり、書けるようになることを目指します。そして、文構造が理解出来たら、英文を音読訓練し、活用自在な使える英文法を身につけます。テキストは『Speaking Master』と『Writing Master』を活用します。基本文は全て暗記暗誦しましょう。
リーディング リーディングを強化する秘訣は、「語彙」「文法」「読み方」「背景知識」です。レッスンは、一分間に150単語を読めることを目標に、『Reading Strategies』を使って、読む速度を意識してリーディング練習をします。 レッスン内では、目的に応じた読み方も指導し、リーディング時に起きやすい3つのNG ①読み飛ばし ②返り読み ③空読み を克服します
リスニング リスニングを難しく感じる理由は、①英語のスピードが速く、聞き取れない②違う音に聞こえてしまう。③リズムが日本語とは異なる。があります。 これは、ある程度の量に触れないと聞き取れるようにはなりません。高校生アカデミックコースでは、テキストをフル活用して、3つの学習法を勧めています。 ①ディクテーション(音声を聞いて書きとる)②シャドーイング(聞こえた文の後についてぶつぶつ言ってみる。) ③パラレルリーディング(音声と一緒に文を読む) 『ASSIGNMENT BOOK』には何をどのように学習したかを記録し、日々の家庭学習の様子を可視化し管理します。
スピーキング スピーキングの向上は、ECCなどの語学スクールを利用して、よい聴き手、会話相手を見つけることです。そして、スピーキングの機会を多く持つことが大切です。 『Speaking Master』では、毎回社会的なトピックについて自分の意見を発表します。
ライティング ライティングを構成する3つの要素は①構成②内容③文法・語法・つづり字です。 ECCでは、『Speaking Master』と『Writing Master』を活用強化します。

受講生の声

毎週12の単熟語を覚える、それが最低限の課題です。コツコツ続ければ自然と語彙が増え、リスニング力や読解力もついて、英検(R)2級も合格しました。クラスメイトは同じ高校生なので和気あいあい。先輩には、わからないところを教えてもらっています。将来の夢は航空管制官です。理系の大学受験突破をめざしています。

学校で文法を勉強する場合、「問題を解く」ことに終始します。でもここのレッスンは違います。文法を理解したあとは、長文を読んだり、英作したり、会話したりと、様々なアプローチから学習でき、とても覚えやすい。表現バリエーションも増え、学校のディスカッション授業でも自分の意見を堂々と話せるようになりました。

単語一つを学ぶにしても、学校では意味やスペルの「記憶」に重点が置かれますが、ここでは発音する、その言葉を使って話すなど、「使ってみる」ことが中心。実際に声にすると、テンポや音のつながりなども理解できます。外国人講師の方とのおしゃべりもいい練習に。街で外国人の方に道案内くらいはできるようになりました。

高校生アカデミックコースの授業料

高校生アカデミックコース

対象 高校1~3年生
レッスン 年40回、週1回130分
入学金 8,640円(税込
授業料 月謝制 月々21,600円(税込)
教材費 18,540円(税込)